アサリからカキへ

木更津金田海岸のアサリ不漁が続いているそうです。
2007年にカイヤドリウミグモが大量発生して以来壊滅的な被害が発生しているそうです。
ここ3年で漁獲高は1/3に減ってしまったそうです。
バカ貝は全く獲れなくなったそうです。
そこで、岸壁などにへばり付いているカキを養殖したところ、これが丸々と美味しいカキになったそうで、カキの養殖が本格化しそうです。
船橋漁港ではホンビノスカイが大漁で組合は喜んでいますが、木更津もアサリからカキになるのでしょうか。
金田へカキを食べに行こうとなるのも楽しみです。


コメントは受け付けていません