千工沿革

千葉工業高等学校及び同窓会の沿革です。

1936年(昭和11年)04月06日 千葉市港町7番地(千葉市立商業学校跡地)で市立千葉工業学校第1回入学式。
1936年(昭和11年)05月05日 開校式。本校創立記念日と定められました。
1939年(昭和14年)01月25日 千葉市花園町1108番地で地鎮祭。
1939年(昭和14年)04月01日 県立移管。千葉県立千葉工業学校と校名改称。
1939年(昭和14年)09月07日 検見川校歌制定。
1939年(昭和14年)09月27日 新校舎に全校移転。
1945年(昭和20年)07月07日 空襲により校舎の約4分の3を焼失。
1945年(昭和20年)09月01日 千葉市稲毛町日本バルブ工場付属青年学校を借用。
1946年(昭和21年)01月24日 千葉郡津田沼町久々田510番地、鉄道第2連隊材料廠跡に移転。
1946年(昭和21年)05月05日 創立10周年記念式典。
1948年(昭和23年)04月01日 千葉県立千葉工業高等学校と改称。
1949年(昭和24年)10月21日 津田沼校歌制定。
1951年(昭和20年)11月10日 創立15周年記念式典。
1957年(昭和32年)11月20日 創立20周年記念式典。
1960年(昭和35年)04月01日 第5代校長景山徳二就任。
1967年(昭和42年)03月20日 千葉市今井町1478番地、新校舎本館竣工。
1967年(昭和42年)04月08日 津田沼校舎より全面移転完了。
1967年(昭和42年)08月10日 機械科実習工場竣工。
1967年(昭和42年)03月20日 体育館、武道館、食堂、プール竣工。
1968年(昭和43年)06月15日 創立33周年記念式典、新校舎落成記念式典。生実校歌制定。
1969年(昭和44年)03月31日 景山徳二校長退任。
1976年(昭和51年)11月06日 創立40周年記念式典。校訓碑建立。
1986年(昭和61年)11月05日 創立50周年記念式典。第1回同窓会の日開催。
1990年(平成02年)03月01日 千葉工業同窓会報創刊号発行。
1996年(平成08年)03月01日 同窓会報(第07号)カラー刷り。
1996年(平成08年)05月12日 創立60周年記念式典。検見川、津田沼校舎跡に記念碑。
1999年(平成11年)        港町校舎跡地(君待橋公園内)に記念碑建立。
1999年(平成11年)        千葉県立千葉工業高等学校ホームページ開設。
2002年(平成14年)03月01日 同窓会報(第13号)のカラー刷り中止。
2006年(平成18年)11月25日 創立70周年記念式典開催。
2008年(平成20年)08月05日 生徒会館改修、千工会館として完成。
2013年(平成24年)09月01日 同窓会ホームページのリニューアル。