幕張ウォーク動画編

幕張は地元千葉市支部です。
管理人も花見川区に住居を構えて30年、歩いてみないと知らないことが多いなぁと思うウォーキングでした。

前編は旧市街です。

後編は主に埋立地区です。メッセ周辺は別ビデオで公開しているので訪れませんでした。

ミニミニ忘年会

9日(土)に千葉駅前にある居酒屋「山内農場」でS44ECのバカども6人で平成29年の忘年会を開きました。
クラス会は数年に一度開催していますが、今回のメンバー含めて10人ほどは年に数回は適当に集まって飲んでいます。
クラス仲間と言うのは良いものですね。「おい!」「こら!」「ハゲ!」と姿は変わりましたが、気持ちは高校のときと変わりなし。
な~んの損得も無しの付き合い、もう51年目になるんです。半世紀とは長いものですね。
毎日ブラブラと歩いている身なので、66歳を過ぎてもまだまだ働く仲間には頭が下がります。

幕張を散策

JR幕張駅からJR海浜幕張まで散策をしました。
JR幕張駅から千葉街道に出て、昆陽神社に向かいます。
昭和27年の地図には、昆陽神社に直線道路はまだありません。
武石ICから続く幕張の開かずの踏切が立体交差になり、現在はその立体交差の上に建て直されました。

昆陽神社と秋葉神社

子守神社へお詣りです。大きな神社でした。

神社の前に自治会館があり、地元の高齢の方とお話をしました。
検見川と言う川はないけど、花見川も読み方によってはケミガワと読めるから当て字で検見川となったと申しておりました。
駅名ルーツ辞典で調べるとケミとは毛を見ることで、稲の穂の成り具合を役人が検知に来ていたことらしいです。
そんなことで検見川になったのでしょう。隣の稲毛もそう言う意味らしいです。
また、幕張は大地主が多いらしく、駅まで他人の土地を踏まずに行ける地主もいるとのこと、土地は借地にしているのが多く、メッセを開発するとき、幕張駅が直近の駅だったのですが、借地権が問題で駅前開発を断念し、畑だった幕張本郷になったと言うことでした。

千葉街道を浜田川を渡り進むと小さな大須賀山があります。ここに千葉氏一族の馬加(まくわり)康胤の首塚があります。
ここから1キロほど離れた馬加城跡にはでっかいマンションが建っているそうです。

その後、上の地図では海ですが、埋め立てに向かい国道を横断すると公園になっていて、東関道まで緑のトンネルになっています。

東関道を横断すると幕張新都心です。

浦安市総合公園

JR京葉線新浦安駅から浦安市総合公園にテクテクと行って来ました。
海岸まで一戸建ては一軒もありません。マンションとホテルと学校だけでした。
田舎者には、ちょっと異様な街でした。
海までは駅から3km弱です。海沿いの綺麗な東京湾の眺望が素敵な公園です。

総合公園入口

総合公園

この公園の堤防外側が幕張海岸で6月に開催されているレッドブルの発着場になります。

その幕張がよく見えます。

来年は最下位脱出!!

西支部当時によく見学で行ったサッポロビール船橋工場隣に停泊している初代「しらせ」です。

位置からするとアクアラインの様ですが?